格安PCとoffice

格安PCとofficeに関する記事です。

 
2017/01/14(土)

office(オフィス)互換ソフト

格安販売されているパソコンには、マイクロソフトのoffice(オフィス)が入っていないことがあります。パソコンの用途がウェブ閲覧のみだった場合は、「office」がなくても問題ありませんが、仕事で使う場合には、無料または格安の「office」互換ソフトを使うという手段があります。

人気のソフト

office互換ソフトには、次のものがあります。
ソフト OpenOffice KINGSOFT Office 2010
価格 無料(フリーソフト) ワープロ・・・1,980円
表計算・・・1,980円
プレゼン・・・1,980円
セット価格・・・4,980円
提供 OpenOffice.org キングソフト

基本的な機能はすべて使える

OpenOfficeも、KINGSOFT Office 2010も、officeの「ワード」「エクセル」「パワーポイント」の3ソフトの基本的機能を搭載しているので、通常使用でしたら問題なく使えます。

多くの企業、自治体が導入

OpenOfficeやKINGSOFT Office 2010は、多くの企業、自治体が導入しています。 また、キングソフトの価格は、マイクロソフトのオフィスの約1/7です。 というわけで中古PCなどの購入の際には、基本的な機能を使う以外にofficeを使う予定がなければ、officeのない格安PCを購入するのもありではないかと思います。 最近は、無料ソフトでも大変高機能のものがリリースされています。グラフィック系ツールのgimpやinkscapeや、DTMのDominoなど、とても便利です。

Office for Windows10

Win10では、「Office for Windows10」が無料で配布されるとのことです。Office for Windows10は、Office 365やパッケージ版と異なり、アンドロイド版と基本的に同じのようです。

更新情報

  • 2015/10/6
  • 2014/2/15
  • 2011/10/29

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

おすすめリンクやRSS
Page Top ↑
このページは格安PCとofficeに関する記事です。
Mail:fc2reviewer@mail.goo.ne.jp
copyright (c) 2013 ブログ作成記 fc2reviewer.blog109.fc2.com All right reserved.