ハッスルサーバにバリュードメインで取得した独自ドメインを設定

ハッスルサーバにバリュードメインで取得した独自ドメインを設定に関する記事です。

 
2018/01/04(木)

ハッスルサーバとは

格安レンタルサーバのハッスルサーバを利用しています。月額208円で、PHP、MySQLやワードプレス、ムーバブルタイプなどのインストール型ブログソフトにも対応しています。

独自ドメインを設定

ハッスルサーバにバリュードメインで取得した独自ドメインを設定するための手順のメモです。ムームードメインで取得した独自ドメインを設定する場合も、基本的に同じ流れになります。

事前に準備すること

すでにハッスルサーバのアカウントと、バリュードメインで独自ドメインを取得していることが前提になります。そのほかに、ファイルアップロード用のFFFTPもダウンロードしておきます。

ハッスルサーバのDNS情報をメモ

ハッスルサーバの管理画面にログインして、
  1. DNSの設定方法
  2. ホスト名の「ns1.naid.jp」「ns2.naid.jp」をコピペで、メモ帳などに保存

ネームサーバー変更

バリュードメインの管理画面にログインして、
  1. プルダウンメニューの「■取得済みドメイン一覧」
  2. 「NS」をクリック
  3. 「ネームサーバー変更」で、上記のホスト名をコピペして保存。 ネームサーバーの3、4の欄は空白のままにしておきます。

独自ドメインの設定

ハッスルサーバの管理画面に戻り、
  1. 独自ドメインの設定
  2. 新しいドメインの追加
  3. 「ドメイン名」「表示ディレクトリ」を入力して登録をクリック

32個まで

たとえばexample.comというドメインだったら、両方とも「example.com」と入力しておけばよいと思います。ハッスルサーバの場合、登録できるドメイン、サブドメインの数は32個までとなっています。

wwwのあり・なしの設定

次に、www.example.comでもアクセスできるように設定します。上記の「新しいドメインの追加」で、「ドメイン名」に「www.example.com」、「表示ディレクトリ」に「example.com」を入力して登録をクリックします。

この時点では、example.comとwww.example.comのどちらでもアクセスできます。example.comにアクセスした場合に、自動的にwww付きのドメインにジャンプするように設定するには、後で解説しますが、「.htaccess」を利用します。

FFFTPでフォルダ

ドメイン登録後、数分~10分程度で、「独自ドメインの設定」ページの、「ドメイン名 /表示ディレクトリ/変更/削除」の欄に、青いリンクが表示されるようになります。 それを確認したら、FFFTPでフォルダを作成します。 フォルダ名は、上記の「example.com」となります。

index.htmlをアップロードして完了

次に、そのフォルダにindex.htmlをアップロードしてアクセスできることを確認したら作業完了です。ここまでの手順は、30分ほどもあれば出来ます。

他の格安サービスも手順は同じ

管理人の場合、格安サーバは、ハッスルサーバ、Xrea、さくらライトなど、独自ドメインサービスは、ムームードメインやバリュードメインなどを使っていますが、独自ドメインを設定する方法は、基本的に上記の手順で出来るので、一度覚えれば、後は他のサービスを利用する場合でも、簡単に出来ます。

参考:htaccessの設定

上記で少し書きましたが、自動的にwww付きのドメインにジャンプするように設定する方法については、.htaccessを利用します。 まず、「htaccess.txt」という名前のテキストファイルをメモ帳などで作成します。htaccessの記述方法については、中略します。検索すればすぐに見つかります。このファイルを、FFFTPで上記のフォルダにアップロードしてから、名前を正規の「.htaccess」に変えれば、自動的にwww付きのドメインにジャンプします。

更新情報

  • 2015/1/11
  • 2012/6/9

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

おすすめリンクやRSS
Page Top ↑
このページはハッスルサーバにバリュードメインで取得した独自ドメインを設定に関する記事です。
Mail:fc2reviewer@mail.goo.ne.jp
copyright (c) 2013 ブログ作成記 fc2reviewer.blog109.fc2.com All right reserved.